お知らせ

第18回 ママとベイビーのための東洋医学(妊婦編)

仙台発祥の操体法について、述べていきます。
これは、橋本敬三先生(医師)が、人間の身体に合った動きについて、体系化されたものです。

操体法には、基本行動があり、それは、自分で行わなければならないものが4つあり、呼吸、飲食、神経活動、身体運動です。それらに環境との関わりがあります。

呼吸は腹式呼吸で行い、身体運動は、操体法では、無理せず、動きやすい方に動くようにします。飲食、精神活動に関しては、個々の考え方がありますので、それぞれの考えで行ってもらった方が良いと思います。

操体法の操作は、腹式呼吸で楽な方に動かしてもらい、少しタメ(相手がいる場合は抵抗)をつくり、息を吐くと同時に瞬間脱力をすることで、筋等を緩めて行き、身体の調整を行っていきます。

妊娠による、腰痛、便秘に対する自己操体法について述べていきます。

①タメを作るための抵抗には、枕や座布団などを置いて行うようにします。相手がいる場合は、操作をしてもらい抵抗を与えてもらって下さい。
仰臥位で両膝を立て、足背を上げて行き、息を吐くと同時に急の力を抜くと同時に脱力する。(両膝の裏・ひかがみ(膝窩)の圧痛を見てから行うが、わからない場合は見なくとも良い。)

②片方の膝を立て、内側、または外側に倒し、楽な方に倒し息を吐くと同時に急に力を抜
いて脱力する。反対側も試す。
膝を立て、左右に倒し、楽な方へ倒し、息を吐くと同時に急に力を抜いて脱力する。

③骨盤を左右に動かし楽な方へ行い、息を吐くと同時に急に力を抜いて脱力する。
盤を左右上下に動かし楽な方へ行い、息を吐くと同時に急に力を抜いて脱力する。
骨盤を頭方、足方に動かし楽な方へ行い、息を吐くと同時に急に力を抜いて脱力する。(片方の足を伸ばすことにより、伸ばした方の骨盤が足方に、反対側の骨盤が頭方に動く。)

操作をしてくれる相手がいる場合は2~3回、一人で行う場合は、3~5回行います。一人で行う場合は、倒す側に、枕か座布団等を置いて、それに倒す側を押し付け、抵抗の代わりにします。
これらの操作の内、どちらも楽な場合は、その操作を省いてもいいです。

(専任教員)糟谷俊彦

第17回 柔道整復師の求人<赤門教職員コラムリレー>

柔道整復師の求人には、接骨院・整骨院などの治療院、整形外科などの医療施設、機能訓練指導員としてデイサービスセンターなどの介護・福祉分野、スポーツ分野への就職先があります。

それぞれの就職分野別の仕事内容としては、接骨院・整骨院では、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(筋腱の損傷)に対し折れた骨を元の場所に戻す整復・包帯やテーピングなどによる固定や干渉波や超音波などの物理療法、・手技療法などの後療等を行います。

整形外科などの医療施設では医師の指示のもとリハビリなどを行います。

デイサービスでは、高齢者の機能回復、向上を目指して運動療法など機能訓練を行います。

スポーツ分野では医療系の国家資格をもったスポーツトレーナーとして、現場での応急処置をはじめケガの治療・予防のためのテーピングなどを行います。

就職先を選ぶ際には、在学中から様々な分野を調べ、実際に見学などをして、自分がどの分野に興味があるか、また将来開業したいなどの目標があるかなどによって、就職先が決まってくると思います。

採用にあたっては、書類選考、面接の所もあれば、さらに知識を問う試験などを実施するところもあります。

在学中には知識はもちろん、面接を受ける際に必要な礼儀なども身につけてもらいたいと思います。

(学科副主任兼教務副主任)石垣寛高

第16回「ママとベビーのための東洋医学①」<赤門教職員コラムリレー>

東洋医学の元本が作成されたのは4000〜5000年前と言われています。当たり前ですが、その時代にもママとベビーが存在しました。そしてママである親の思いは「我が子が健やかに成長してくれること」でした。どの時代でも同じですよね。

そしてベビーにその思いを伝えるためには、ママとベビーの距離の近さが重要であることが分かっています。具体的には、ママがベビーに授乳するとき、ベビーと見つめ合う顔の近さです。
ベビーはママから見つめられることで安心しますし、安心することはベビーの成長にも大変重要です。また授乳しているママも、ベビーを見つめることで幸せホルモンであるセロトニンが分泌されます。これは密にベビーと接しているママの特権ですね。

では授乳機会の少ないパパはどうでしょう?パパが我が子を見つめる機会は、ママと比較すると少ない場合が多く、幸せホルモンが分泌されるチャンスも逃してしまいがちです。
そこでママにお願いです。パパにも幸せになるチャンスをどんどん分けてあげてください。
ママは授乳をパパに抱っこでやらせてあげてたり、パパはママから授乳姿勢・赤ちゃんの支え方などを教えてもらったりするといいでしょう。

ベビーのお世話をしてみると分かるのですが、授乳や入浴をするときの姿勢って結構きついんです。
特に起こりやすいのは親指根元の腱鞘炎。腱鞘炎は手首の角度に無理がある状態で指に力を入れるとすぐに起こります。大事なベビーを扱うのですから無理もしてしまいがちです。
子育てに大忙しのママとパパにとって、指が痛くて動きが自由にならないのは困りますよね。

最新の研究成果のひとつに、母指腱鞘炎は肘から先の腕を力を入れたり抜いたりしながら、内・外に回す運動をすることで早く治る事が分かっています。
出産と子育ては大仕事です。特に授乳機会の多いママは要注意です。無理をせずに楽しく幸せに過ごしてくださいね。

(専任教員:吉本豊)

第15回「マッサージ効果[ハンド]」<赤門教職員コラムリレー>


私たちの所有する国家資格では手技療法を「按摩」「マッサージ」「指圧」と分けて表現しています。その中で言われる「マッサージ」は、「皮膚に直接、滑剤を用いて求心性に施術を行うもの」と定義付けられています。

そのため他の手技療法に比べると
①血液やリンパの流れを良くする。
②オイル等の滑剤による保湿効果。
といった点に特徴があります。

マッサージは全身に行う事が多いですが、ハンドマッサージや足裏マッサージ等は、部分的に滑剤を用いてマッサージをする方法です。
手や足裏には全身に関連する反射帯が存在し、コリや押された時の痛みとして現れます。部分のマッサージであっても、やり方によっては全身に働きかける事ができます。

インド伝統医学のアーユルヴェーダでもオイルマッサージは推奨されており、セルフでのオイルマッサージも良いとされています。特に頭・耳・足首から先の3か所へのマッサージを推奨しています。これらの部位は老廃物が溜まりやすい所とされ、そこにオイルマッサージをする事で皮膚の深いところの汚れを取り除く事ができます。

また、アーユルヴェーダでは3種類の体質に合わせてオイルの種類や分量の選択を行う事で、より効果的なオイルマッサージを行います。少し紹介させて頂くと、やせ形で乾燥肌のヴァータ体質者には最もオイルマッサージが良いとされます。ゴマ油が最も良く、身体を温める効果に優れます。筋肉質で体温の高いピッタ体質者は冷やす性質のオイルが良いとされ、ココナッツオイル等が良いと言われます。肥満傾向でむくみやすいカファ体質者はオイルマッサージをあまり推奨されません。水が溜まりやすい体質者に重い液質のオイルはあまり合わないのです。使うとしても少量で良いとされます。

このように、人の体質に合わせた滑剤を用いてマッサージをする事で、より効果的なマッサージを行う事ができるのも、マッサージの特徴です。

(専任教員)三保翔平

第14回「柔道整復ってなに?」<赤門教職員コラムリレー>

 柔道整復師が行う治療のことを柔道整復術といいます。柔道整復術は骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などのケガによって生じた骨・筋肉・関節・靱帯など損傷した運動器に対して『整復』『固定』『後療法』の施術により治癒を図ることを目的としています。治癒といっても単なる痛みや損傷部位の回復だけではなく、re(再び)+ habilis(適した)、負傷する前の『本来あるべき状態への回復』というリハビリの要素も含めた治療が柔道整復の特徴でもあります。

 先にあげた骨折・脱臼については医師の同意があれば保険適応となり、急性の捻挫・打撲・挫傷については医師の同意なしでも保険適応になります。慢性痛の治療や慰安を目的とした施術に関しては保険外になりますので患者と施術者との間で保険適応の是非の確認が必要になります。

 柔道整復術を行う接骨院(整骨院)での勘定は病院などとは異なり、療養費としての扱いになります。療養費は通常、患者本人が窓口で全額を支払い、後日、保険者に申請し所定の額が払い戻されるのが原則です。接骨院(整骨院)では『受領委任制度』により一般の病院などと同じように保険証の提示と一部負担金により、施術を受けることができるようになっています。近年、「はり」「きゅう」の施術でも、この『受領委任制度』の取り扱いが始まりました。我々はいま一度この制度の趣旨を確認し、医療保険制度の一員としての自覚を持つことが今の時代の柔道整復師・鍼灸師に必要な資質であると思います。

(学科主任兼臨床所主任)國分俊繁

第13回「美容鍼灸とは?」<赤門教職員コラムリレー>

 昔から洋の東西にかかわらず、「美しい体・美しい肌」でありたいと想う気持ちは万人共通するところです。

 容姿の美とは、外見から均整のとれたプロポーションであり、それらは余分な皮下脂肪を取り除き、適度に発育した筋肉の躍動する曲線と真っ直ぐに伸びた正しい姿勢は、立座りや歩行も自然と美になります。しかし、肥満からくる腰痛、膝痛また丸めた背腰は内臓の圧迫により、様々な疾患など作りだします。また逆に内臓の異常(東洋医学では内邪)が正しい姿勢を変えて居ることもあります。

 また皮膚の美とは、顔だけのことではなく、全身が同じ皮膚で包まれており、これらに鍼灸を施こすことにより気血の流れを良くし、皮膚表面が皮脂と汗とで適当にシットリとした輝や張りをもたらしてくれるのです。

 これらを阻害するものは、外界の厚さ寒さ湿気、乾燥、気温気圧の変化(東洋医学では外邪)に敏感で、体表より受ける刺激に対して常に反応して内部(臓腑)へ及ばないよう調節しています。

 また内部に異常があると「皮膚は内臓の鏡」とも伝われ、すぐに皮膚へ反映し、吹出物やカサツキのほか便秘、不眠、冷え、ストレスなど色々な症状からも、肌にツヤや張りがなく体調も歪みを起こし、お化粧のノリも悪くなります。

 鍼灸を体に施こすことにより体調の改善に導くことになります。

 美容鍼灸とは、単なる美(装)だけを求めることではなく、外邪を防ぎ内臓腑を整え、また同様に耳鍼は反射区を活用し、顔へは皮膚と一体である表状筋への新陳代謝を促し、結果的に心身共に健康を保つことで本当の美しさが作り出されます。これが美容鍼灸の真髄です。

 全身を調え美しさも保持する鍼灸は、まさに一挙両得の施術ではないでしょうか。

(専任教員)安齋昌弘

第12回「マッサージ効果〝むくみ″」<赤門教職員コラムリレー>

「朝起きたら瞼や顏がはれぼったい、夕方になるとふくらはぎが張って靴がなんだかきつくなったみたい」などという症状はありませんか?

むくみは腎臓や心臓の病の症状として現れますが、健康人でも疲れや運動不足、またストレスが原因でも現れます。
東洋医学では、むくみは水分代謝の失調によって体内に水分があふれている状態と考えられています。

水分のめぐりが悪くなり体内に蓄積したものを痰飲(たんいん)と言います。痰飲は体内にしつこく停滞する性質があり、気血の流れを妨げます。そうするとむくみのほかに、食欲不振、関節痛、肌荒れなどを伴ったり、人によっては冷えや疲れを感じたりするという方もいらっしゃいます。

むくみは手足や顏に現れることが多いのですが、東洋医学では内臓の働きの低下によって現れると考えられています。ですので顔や手足だけにマッサージを行っても根本的な解決にはなりません。

赤門では臨床実習にてその日の患者様の状態に応じて、オーダーメードのマッサージ施術を行っています。むくみがある所だけでなく身体全体を癒すマッサージはおすすめです。

夏の疲れが出始め、そして寒くなって体力や免疫力が落ちる前の養生としてマッサージ施術をご体感下さい。

(専任教員)宍戸新一郎

第11回「接骨院 整骨院 整体の違い」<赤門教職員コラムリレー>

「接骨院」、「整骨院」、「整体」、「整形外科」、自分がケガをした場合や体の不調があった場合、どこで診てもらおうか迷ったことはないでしょうか。

まず「接骨院」と「整骨院」は感じが違うだけで同じ扱いで、「柔道整復師」という国家資格を持っています。主に骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)の損傷に対し保険を適用し、施術が可能です。

「整体」は国家資格ではないため保険は適用できません。リラクゼーション(癒し)や骨格の矯正などが主な目的とされていますが、明確な定義はありません。他にも国家資格を必要としないものとして、カイロプラクティック、リフレクソロジー、フットケア、エステなどがあります。

「接骨院」「整骨院」で働く方々は、「柔道整復師」という国家資格を所得しています。「整体」で働く方々は、素人でもいいわけです。但し、「接骨院」「整骨院」で働く方も技術的に未熟な方もいますし、「整体」にも高度な技術を持つ方もいます。

では、「接骨院」「整骨院」と「整形外科」は、どう違うのでしょうか。ご存じの方も多いと思いますが、「接骨院」「整骨院」は代替医療です。整復、固定、後療法(手技療法、運動療法、物理療法)を中心とした施術を行います。場合により機器類を使用しますが、レントゲンなどの医療機器は使えません。

「整形外科」は医師の診断に基づき、検査や投薬、外科手術などの医療行為が行われます。どこか痛いところがあった時に、他の病気も疑いつつ診察できるため、重大な病気を見落とすことが少なく、その点では安心です。

次に「接(整)骨院」、「整形外科」、どちらに行けばいいのか。一概には言えませんが、大きく患部が腫れていたり、痛みが激しかったりする場合は、まず整形外科で診察を受けるべきでしょう。その他、捻挫や打撲などで、痛みの態度がそこまで強くない場合には「接(整)骨院」がいいと思います。

症状やケガの程度から、どちらで治療を受けるのかの判断で早期回復にもつながるため、しっかり見極めるようにしましょう。

(専任教員) 小原賢

第10回「WHO(世界保健機関)が定めた鍼灸の適応症」<赤門教職員コラムリレー>

 1979年6月、北京で行われた「鍼灸に関するWHO地域間セミナー」において、鍼治療が有効と主張された疾患群の暫定リストが作成された。これには注釈として「このリストは臨床経験に基づくものであって、必ずしも対照群を置いた臨床試験に基づくものではない。また、特定の疾患を含めたことは、鍼の有効性の範囲を示すことを意図するものでもない」という言い訳めいた内容をわざわざ付帯している。さらには、このセミナーで合意が得られた疾患数は30疾患であったが、その後の中国による強引な働きかけによって、公表時には48疾患にまで膨れ上がっていたのである。その内訳は以下のようである。

1) 上気道4疾患:急性副鼻腔炎・急性鼻炎・感冒・急性扁桃炎
2) 呼吸器系3疾患:急性気管支炎・小児気管支喘息および気管支喘息(合併症のない患者に最も有効)
3) 目の障害4疾患:急性結膜炎・中心性網膜炎・小児の近視・合併症のない白内障
4) 口の障害5疾患:歯痛・抜歯後の疼痛・歯肉炎・急性咽頭炎および慢性咽頭炎
5) 胃腸障害15疾患:食道痙攣および噴門痙攣・しゃっくり・胃下垂・急性胃炎および慢性胃炎・胃酸過多・慢性十二指腸潰瘍(疼痛の緩和)・合併症のない急性十二指腸潰瘍・急性腸炎および慢性腸炎・急性細菌性赤痢・便秘・下痢・麻痺性イレウス
6) 神経系および筋骨格障害17疾患:頭痛および片頭痛・三叉神経痛・初期(6か月以内)の顔面麻痺・脳卒中発作後の麻痺・末梢性ニューロパチー・初期(6か月以内)のポリオ後遺症・メニエール病・神経性膀胱生涯・夜尿症・肋間神経痛・頸腕症候群・五十肩・テニス肘・坐骨神経痛・腰痛・変形性関節症

 その後この48疾患は、特に日本においては誤って認識され、「WHOが認めた鍼灸マッサージの適応症」として独り歩きし、21世紀の現在も鍼灸マッサージ業界に免罪符のごとく普及浸透してしまっている。

 また、1997年、米国・国立衛生研究所または国立保健研究所(NIH)は、「鍼治療に関する合意のためのパネル会議(Consensus Panel)」を開催し、鍼の有効性や安全性、研究方法などが合意された。これに拠れば、成人の術後および化学療法による嘔き気・嘔吐、歯科の術後痛、妊娠悪阻(つわり)の3疾患には「鍼治療が有望である」とされ、薬物中毒・脳卒中後のリハビリテーション・頭痛・月経痛・テニス肘・線維性筋痛症・筋筋膜痛・変形性関節症・腰痛・手根管症候群・喘息の11疾患については「補助療法として有用、または包括的患者管理計画に含める可能性がある」とされている。

 これらは、WHOとは違って単なる権威者の主張ではなく、偶然や暗示効果などを可能な限り排除した状態での臨床試験の結果に基づいており、科学的な客観性においては一定の評価を与えることができる。

 また、公益社団法人日本鍼灸師会のHPには、「鍼灸療法で有効性がある病気」として、以下の疾患を挙げるが、先のNIHの見解であると取られかねない表現であるばかりか、その根拠を何ひとつ示してはいないので、誤解のないように注意されたい。

① 神経系疾患:神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
② 運動器系疾患:関節炎・リウマチ・頸肩腕症候群・頸椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
③ 呼吸器系疾患:気管支炎・喘息・風邪および予防
④ 消化器系疾患:胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
⑤ 代謝内分秘系疾患:バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
⑥ 生殖、泌尿器系疾患:膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
⑦ 婦人科系疾患:更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
⑧ 耳鼻咽喉科系疾患:中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
⑨ 眼科系疾患:眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
⑩ 小児科系疾患:小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

 しかしながら、これらの疾患群は臨床経験的には一般の鍼灸師が日常的に遭遇し、一定の効果を上げ得る疾患であることには変わりなく、さらに広範囲な疾患についても効果を発揮する可能性は否定できないものの、如何せん、鍼灸の技術の多くは高度な職人技に懸かるとところであり、どんな鍼灸師でもいつでも効果を発揮できるというようなものでもない。

 学生はもとより、多くの鍼灸師は、少しでも多くの患者に最大の効果を上げようと日々研鑽していることと思う。しかし、どんな治療法であっても、魔法のように奇跡が起きるわけではなく、鍼灸治療を受領したいと思う方は、担当の鍼灸師とよく相談し、十分に納得したうえで受療していただくことを希望するものである。

(臨床教育専攻科 専任教員・元 WHO伝統医学テンポラリアドバイザー) 浦山 久嗣

第9回『マッサージ効果【肩こり】』<赤門教職員コラムリレー>

厚生労働省が実施している基幹統計調査に「国民生活基礎調査」というものがあります。
これは、「世帯」「所得」「健康」「介護」「貯蓄」について、3年に1度大規模調査(その間の年は「世帯」と「所得」の簡易調査)を行っているものです。

この調査で用いられている「健康調査票」には、「ここ数日間具合の悪いところ(自覚症状)がありますか?」という質問があり、41症状名から1つだけを回答するようになっています。
前回(平成28年)の調査によると、「肩こり」は女性の1位・男性の2位を占めています。
この調査が始まって以来、この順位に大きな変化はなく、肩こりは国民的慢性症状の1つであるということがいえるかと思います。
(ちなみに、同年の女性の2位・男性の1位は「腰痛」です。)

ところで、「肩こり」の “肩”はどこを指すのでしょうか?
首から肩にかけての筋肉の張った部分、首の付け根あたり、左右の肩甲骨の間、肩甲骨の上、腕との境目…
それぞれの人が自覚している“肩”は異なっている可能性がありますね。

肩こりを解消するには、まず下記のことをしっかり検証する必要があります。

▼違和感のある組織はどこなのか?(筋や筋膜、骨、神経など)
▼そこで起こっている症状はどんなものか?(血行不良、炎症、損傷など)
▼根本の原因には何が考えられるか?(癖あるいは仕事上の姿勢、精神的緊張、スマホの使い過ぎ、内臓の不調など)

中には、内臓の危険な異常を示す「放散痛」である可能性もあります。

あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取るには、東洋医学はもちろん、(専門家には到底敵いませんが)西洋医学を学ぶ必要があります。
そしてその目的は、施術の可否を見極めることであると考えます。
何らかの違和感や危険な病気の兆候がないか、あるならば医療機関を受診してもらうよう説明できるかが重要です。

肩こりは良い姿勢や運動を心がけるだけでかなり解消できるでしょうが、自力で対処できるのであれば、統計結果は前述のようにはなりません。
肩こりに悩んでいる方はぜひ、原因を探すきっかけとして「あん摩マッサージ指圧治療院」を一度訪れてみてはいかがでしょうか?

(専任教員) 長岡靖彦

赤門を知ろう

  • 資料請求をする!
  • オープンキャンパスに行く!
  • 学校説明会に参加する!

おすすめコンテンツ

赤門鍼灸柔整専門学校

〒980-0845
仙台市青葉区荒巻青葉33-1
TEL 022-222-8349
office@akamon.ac.jp

学校法人 赤門宏志学院

〒980-0845
宮城県仙台市青葉区荒巻青葉33-1
TEL 022-224-1877
info@sendai-akamon.ac.jp
採用情報

COPYRIGHT © 赤門鍼灸柔整専門学校 ALL RIGHTS RESERVED. Website plan Produced by One-clue