キャンパスライフ

在校生紹介

鍋島 綾香さん

鍼灸指圧科
鍋島 綾香さん Ayaka Nabeshima

経歴
宮城県出身
赤門を選んだ理由は?
国家資格を取得したかったこと、高校時代からマッサージに興味があったことなどの共通点から鍼灸指圧師という将来が見えてきました。地元が仙台でしたので家族や友人の近くにいたいという思いもあり赤門に入学しました。
入学してみて感じた事
難しいことも多々ありますが、先生や先輩が丁寧に教えてくれますし、自主的に学ぼうとすればどんどん吸収できるのが鍼灸指圧の魅力でもあると思います。
将来の夢や目標
資格取得後は地元で経験を積み、海外で独立開業をすることが目標です。
草薙 健哉さん

鍼灸科第一部
草薙 健哉さん Kenya Kusanagi

経歴
秋田県出身
赤門を選んだ理由は?
野球に没頭していた高校時代に、鍼灸指圧師の専属トレーナーとの出会いがこの業界を志すきっかけになりました。怪我で悩んでいる選手を適切にケアし、パフォーマンスを高めていく姿がとても頼もしく映りました。
入学してみて感じた事
勉強は分からないことも多く、基礎を身につけるだけでもこんなに難しいんだと弱気になる事もありますが、寮の先輩やOBの方々に教えを請い、支えてもらいながら刺激的な毎日を過ごしています。
将来の夢や目標
国家資格を取得し、将来は独立開業をめざし、トレーナーとして大好きな野球に携わる事が夢です。
渡邉 宏晃さん

柔道整復科
渡邉 宏晃さん Hiroaki Watanabe

経歴
宮城県出身
赤門を選んだ理由は?
大学時代に柔道をしていてケガをした時に治療院の先生と出会い、身体の治療だけでなく、メンタル面でも支えてくれたその先生の姿勢に惹かれ、就職内定もありましたが、思いを改め、赤門鍼灸柔整専門学校への入学を決意しました。
入学してみて感じた事
赤門鍼灸柔整専門学校での授業は幅広く、奥深く、正直ついていくのがやっとですが、経験豊富な先生が多く、東北大学での解剖実習なども経験できるため、恵まれた環境だと実感しています。それも伝統や実績から生まれたつながりだと思いますし、卒業生が多いほど将来的なネットワークも広がるのではと思います。
将来の夢や目標
卒業後はいい師と出会い、修行を積み、自分に自信を持てたらゆくゆくは独立開業、それが将来のビジョンです。
大野 ひかりさん

鍼灸指圧科
大野 ひかりさん Hikari Oono

赤門を選んだ理由は?
「母親を助けられる自分になること」が一番の目的でした。ケガをすることが多い母がなかなか治らない時に鍼治療を受けて良くなった事や、 私自身も皮膚が弱く、薬の後遺症に悩まされた経験があり、自分の治癒力を高める意味でも東洋療法に興味が沸き赤門に入学しました。
入学してみて感じた事
実際に学んでみると「これだけ深く、広く知らなければいけないんだ」と驚かされることばかりでした。例えば「この治療に、この知識は関係ないだろう」と思っていたことが、 実は密接につながっていたりと、勉強にはついていくのがやっとです。それでも家族の為、自分のために今は突き進むのみです!
将来の夢や目標
ストレートで国家試験をクリアし、信頼される治療家になります!
鈴木 正恵さん

鍼灸科第一部
鈴木 正恵さん Masae Suzuki

赤門を選んだ理由は?
現在勤務している会社が衛生材料を扱う会社で、鍼灸や柔整の先生方にも機械や道具をお届けしていますが、専門的な知識がないために上手く説明できずお叱りを受けることもありました。 「これではいけない」と考えていたところ、目に入ってきたのが赤門の社会人入試です。
入学してみて感じた事
3人の子供を育てながら、久しぶりの学生という立場で正直なところ両立できるか不安を抱えながらの毎日ですが、家族の応援と会社のサポートのおかげで何とか乗り切れています!
将来の夢や目標
家では妻と母親、学校では学生。二足のわらじは大変ですが、家庭では子供と一緒に勉強をしたり、どちらの時間も大切にしていきたいです。
細越 駿平さん

鍼灸科第二部
細越 駿平さん Shunpei Hosogoe

赤門を選んだ理由は?
柔道整復科を卒業後、鍼灸の資格も取得したくて鍼灸科第二部へ再入学しました。昼は整骨院でアルバイトしながら夕方から学生という忙しい毎日ですが 将来の幅を広げるためにも絶対取っておきたい鍼灸の資格を取るために頑張っています。
入学してみて感じた事
柔整の勉強は3年間みっちりやってきましたが、鍼灸の領域の異なる分野に戸惑う事もあり、こんなに東洋医学が奥深いとは思いませんでしたが 柔整とはまた異なる視点から専門分野を深められるので先生の一言一言に耳を傾け知識を身に付けています。
将来の夢や目標
柔道整復師と鍼灸の2つの国家資格を活かして、患者さんと信頼関係を築ける治療家になります!
相澤 啓介さん

柔道整復科第二部
相澤 啓介さん Keisuke Aizawa

赤門を選んだ理由は?
何度か転職をする中で、「この業務に携わりたい」と思えたのが、柔整の分野でした。元々自宅の隣りに接骨院があり、その先生が赤門で授業を受け持っていて、 先生から色々話を伺っているうちに「もっと多くのことを学びたい」と思ったのがきっかけでした。
入学してみて感じた事
昼は介護員としてサポ―トが必要な方に寄り添い、夕方から学生として教科書と向き合う毎日です。自分が学んでいる第二部では、同じように働きながら学んでいるクラスメイトも多く、考え方や目指す方向性を共有できる人ばかりで自然体で過ごせるいい環境です。
将来の夢や目標
まずは国家資格取得が第一の目標です。ゆくゆくは現在の仕事のノウハウも活かし、デイサービス運営の実現を目指します。
高橋 はるかさん

東洋療法教育専攻科
高橋 はるかさん Haruka Takahashi

赤門を選んだ理由は?
私は鍼灸指圧科卒業後、国家資格を活かして出張形式で開業していますが、将来的に一つの場所に腰を据え安定して治療院を運営していく為にも、もう一段スキルアップしたいと思っていました。 そこで選んだ選択肢が赤門の「臨床しながら学ぶ」という形です。教員資格を取れるのも魅力でした。
入学してみて感じた事
専門性豊かな先生方に教えを請いながら、臨床経験を積めるのが東洋療法教育専攻科の魅力です。 私自身の目標は独立開業がベースですが、進路の幅が広がるという点でも、東洋療法教育専攻科を選択するデメリットはひとつもない様に思います。
入学を考えている方に
赤門は、先生方をフルに活用して学びたい知識・技術をどんどん吸収できる場所です。サポートも厚く、本気でプロを目指す思いがあれば、しっかり 前を向いて歩いていける環境が用意されています。

赤門を知ろう

  • 資料請求をする!
  • オープンキャンパスに行く!
  • 学校説明会に参加する!

おすすめコンテンツ

赤門鍼灸柔整専門学校

〒980-0845
仙台市青葉区荒巻青葉33-1
TEL 022-222-8349

学校法人 赤門宏志学院

〒980-0845
宮城県仙台市青葉区荒巻青葉33-1
TEL 022-224-1877

採用情報

COPYRIGHT © 赤門鍼灸柔整専門学校 ALL RIGHTS RESERVED. Website plan Produced by One-clue