キャンパスライフ

在校生紹介

遠藤 拓朗さん

鍼灸指圧科2年
遠藤 拓朗さん Takuro Endo

出身
福島県尚志高校
入学して感じたことは?
赤門は鍼灸・柔道整復の有名な伝統校であるため、多くの知識を学べるはずと思い入学を決めました。 実際に入学してみて、学生一人ひとりの意識が高く、勉強熱心で、卒業後のこともしっかりと考えてる人たちが多いと感じました。先生の授業もわかりやすいです。
将来の夢や目標は?
柔整、鍼灸、あん摩マッサージ指圧と多彩な技術をもとに、一人ひとりの患者様に合った治療ができる治療のスペシャリストになりたいです。そしてゆくゆくはその技術を後世に伝えられる立場になりたいです。
赤門ライフについて教えて!
学校に通いながら整骨院でアルバイトをして受付業務や院長の補助などを行っています。 現場の雰囲気を味わえ、患者様とのコミュニケーションの取り方を学んでいます。
菅原 瑞穂さん

鍼灸指圧科2年
菅原 瑞穂さん Mizuho Sugawara

出身
岩手県立一関第一高校
赤門を選んだ理由は?
高校時代、ソフトボール部に所属していて何度も大怪我をしました。その時にお世話になった治療院の先生が 赤門の卒業生で、次第に私もこの道で人の役に立ちたいと思うようになりました。またあん摩マッサージ指圧師が東北で唯一取得できることも赤門を選んだ決め手でした。
赤門の魅力とは?
幅広い年齢層の方たちがいるところです。社会人を経験した方や定年まで働き終えた方も学生にいるので、いろんな年代の方々の考え方を知ったり、行動を共にする中で学ぶことがたくさんあります。 またクラスの雰囲気がよく、その中で学べるのも魅力です。
赤門ライフについて教えて!
「指圧クラブ」に所属して日々仲間と手技を磨いています。 指圧クラブは部員数が多く、練習相手も豊富で、学生同士で基礎を反復練習できます。先輩方からもいろんな話を聞くことができて良い経験になります。
阿部 すず夏さん

鍼灸科第一部2年
阿部 すず夏さん Suzuka Abe

出身
桜の聖母短期大学
赤門を選んだ理由は?
肩こりや腰痛、頭痛に悩んでいた時、一番痛みが緩和した鍼灸への関心が高まり、資格を取りたいと思いました。 いくつか学校見学に行って先生方と話をしたり、通院している鍼灸院の先生からアドバイスをいただき、しっかり学べて自分が成長していける場所だと感じた赤門に決めました。
将来の夢や目標は?
まずは国家資格を取ることです。その後の事は検討中ですが、現状では鍼灸に対して抵抗感を持つ人もいるので、痛みを緩和したり治す方法の選択肢の一つに「鍼灸」を入れてもらえるよう、鍼灸を伝えていける鍼灸師になれればと思っています。
赤門ライフについて教えて!
授業が午後からのため、その他の時間を有効活用できます。 勉強の内容が難しく苦戦することもありますが、家での予習・復習に取り組み、国家試験合格を目指して 日々努力しています。
生出 拓郎さん

鍼灸科第二部3年
生出 拓郎さん Takuro Oide

出身
東北医科薬科大学
日中のお仕事は?
日中は薬剤師として薬局で働き、夜間部で鍼灸を学んでいます。国際中医専門員の資格も持っているので、 お客様の相談に応じて処方箋と漢方薬の両方の視点から対応するようにしています。 でもその中で次第に薬の多さに疑問を持つようになり、薬を用いずに治療を施す鍼灸治療を学びたいと思うようになりました。
将来設計は?
東洋医学の世界は本当に奥が深く、興味が尽きません。鍼灸治療を一人前にできるようにすることが 直近の目標ではありますが、最終的に目指していきたいのは、”体と健康に関する総合的なアドバイザー”です。 相談に来た方に対し、西洋医学と東洋医学の両方の視点から適切なアドバイスができる存在になりたいです。
赤門ライフについて教えて!
昼間は仙台市内の薬局で薬剤師として働いています。 昼間働き、夜に学校というのは少々大変ですが、クラスメイトも同じ状況の人が多いので、頑張れます。
熊谷 竜さん

柔道整復科
熊谷 竜さん Ryu Kumagai

出身
宮城県泉松陵高校
赤門を選んだ理由は?
小学校の時にサッカーで足を、中学と高校では野球で腰や肘を痛めたのですが、 その都度接骨院の先生が辛い痛みを緩和してくれました。 その先生が赤門の先生と知り、私も患者様を笑顔にできる柔道整復師になりたいと思い、赤門への入学を決めました。
赤門の魅力とは?
環境面では、実習施設が豊富なことです。そのため実技の練習が充実していて、自分のスキルを磨くには最適だと思います。もうひとつは優しい先生方です。分からないことを質問すると理解するまで教えてくださるのでとても助かっています。
赤門ライフについて教えて!
赤門では球技大会や赤門祭など盛り上がる行事がたくさんあります。 それぞれの行事では、学年や学科を超えたつながりもでき、いろいろと刺激になります。 赤門祭では、模擬店をクラスで協力して行い、団結力がついたと思います。
小林 瑠依さん

柔道整復科第二部3年
小林 瑠依さん Rui Kobayashi

出身
福島県立福島商業高校
ダブルスクールに挑戦した理由は?
昼間に鍼灸指圧科、夜間に柔道整復科というダブルスクールをしていました。 女手ひとつで育ててくれた母をはじめ、私の周囲には独立して働いている人が多くいます。 私も独立して働ける技術と力を身につけたい!それがダブルスクールに挑戦した理由でした。
将来設計は?
現在は昼間に仙台の治療院で研修させていただきながら、夜間の柔道整復科に通っています。 その後は、地元福島にいる恩師の下で修業を積み、25歳までに独立できる力を身に付けたいです。 生涯、鍼灸柔整師として患者様のサポートをしていきたいと思っています。
赤門ライフについて教えて!
昼間の鍼灸指圧科では、クラブ活動も積極的に参加しました。 美顔クラブでは、赤門祭で一般の方に美顔マッサージを行い、とてもいい経験になりました。
神成 有巳さん

東洋療法教育専攻科
神成 有巳さん Yuki Kannnari

赤門を選んだ理由は?
赤門の青葉山本校舎で3年間勉強し、自分の目指す将来を考えた時に、臨床経験はもちろん治療や診断に関する知識がまだまだだと感じました。そのため東洋医学への知識を深め、スキルを磨くためにもう一段ステップアップした場所で学びたいと考え、東洋療法教育専攻科へ進学を決めました。
入学してみて感じた事
臨床経験が積めて、同時に教員資格も取得できるため、将来の幅が広がるという大きなメリットを感じています。 また質の高い授業で東洋医学だけでなく専門基礎科目なども深く学ぶことができるので、個性豊かな先生方のご指導のもと、充実した日々を送っています。
これからの目標は?
日々精進。向上の心を持って勉強あるのみだと感じています。 一日一日を大事にしながら経験を糧にして良い治療家、教員になりたいです。
東洋療法教育専攻科を考えている人へ
赤門は長い歴史があるため地域との連携がしっかりとれています。教員の方々も経験と知識が豊富でとても内容の濃い授業が展開されています。 人に教えるのが好き、教員に興味がある、もっと臨床経験を積みたいと少しでも思う人は、東洋療法教育専攻科を検討してはいかがでしょうか。自身のスキルアップを望めば、きっとそれに応えてくれる環境を提供してもらえるはずです。

赤門を知ろう

  • 資料請求をする!
  • オープンキャンパスに行く!
  • 学校説明会に参加する!

おすすめコンテンツ

赤門鍼灸柔整専門学校

〒980-0845
仙台市青葉区荒巻青葉33-1
TEL 022-222-8349

学校法人 赤門宏志学院

〒980-0845
宮城県仙台市青葉区荒巻青葉33-1
TEL 022-224-1877

採用情報

COPYRIGHT © 赤門鍼灸柔整専門学校 ALL RIGHTS RESERVED. Website plan Produced by One-clue