お知らせ

夏期休業のお知らせ

夏期休業についてお知らせ致します。
以下の夏期休暇期間中は、閉館いたします。

青葉山本校舎:令和2年8月9日(日)~8月16日(日)
国分町校舎:令和2年8月8日(土)~8月16日(日)

大変恐縮ではございますが上記期間中の電話ならびに郵便等につきましては、対応できかねますのでご了承ください。メール受付はしておりますが、お問合せへのご回答は8月17日(月)以降に順次対応させていただきます。

皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

第30回 筋肉痛<赤門教員コラムリレー>

一般に「筋肉痛」とは、運動した翌日以降に筋肉が痛む「遅発性筋痛」を指します。
しかし、医療での「筋肉痛」は一般のそれとは異なります。
様々な疾患による全身性のものと、物にぶつかったりトレーニング後に生じる局所性とに大別されます。
全身性筋痛の原因としては、感染症、リウマチ性疾患、循環障害、内分泌疾患などがあります。風邪やインフルエンザなどの時に筋肉が「痛い」という経験はないでしょうか?これも「筋肉痛」といえるのです。
このように一言で「筋肉痛」といっても様々な原因が考えられます。

今回は、トレーニング後に生じる「遅発性筋痛」についてお話しをしたいと思います。

「遅発性筋痛」の原因 ※1
トレーニングでの負荷(時間・回数・強度など)により、筋線維が損傷を受けることで炎症を引き起こし、「筋肉痛」が発生します。そして、筋線維は回復すると以前より少し太くなります。ただし、「筋肉痛」が起きなくても、筋肉に刺激(トレーニングなど)を与えることにより筋肉は強くなります。

「遅発性筋痛」の予防について ※1
運動をする前に筋肉のエネルギーとなる、タンパク質を取ることが重要です。また、水分摂取も重要です。水分が少ないと血液循環が悪くなり細胞に酸素や栄養が行きわたらなくなるからです。それと睡眠をしっかりとりましょう。
運動で損傷した筋肉を修復してくれます。
最後にトレーニングによる「筋肉痛」の予防には、トレーニング前後のストレッチと軽い運動が重要です。「痛い」からと、寝ていると血流循環が悪くなり、治るのが遅くなります。そのため、ウォーキングなどの軽い運動をして損傷した筋肉に栄養などを送り、回復の手助けをすることが重要です。

「遅発性筋痛」と鍼灸 ※2
鍼灸施術には血液循環を良くする働きがあります。トレーニング後に鍼灸施術を受けることにより、鍼で刺激された局所では筋肉の緊張を緩和し、血流を改善できます。

参考資料
※1 大正製薬ダイレクト 健康お役立ち情報 健康コラム
https://www.taisho-direct.jp/simages/m/contents/column/body/cure02/
※2 株式会社医道の日本社 はりきゅう理論 第1版 第9章鍼灸治効の基礎

(専任教員)古川雄一郎

新型コロナウイルス感染症に関する個人等向け支援メニュー

国・宮城県・仙台市の新型コロナウイルス感染症に関する個人等向け支援メニューの一覧について、下記のPDF資料をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症に関する個人等向け支援メニュー(PDF)

7月18日(土)にオープンキャンパスのご参加ありがとうございました!

2020年7月18日(土)に赤門鍼灸柔整専門学校青葉山校舎にてオープンキャンパスを開催いたしました。
ご参加いただいた皆さんありがとうございました!

宍戸先生

【開催内容】

・宍戸先生による模擬授業「東洋医学って何だろう?」
・鍼灸実技「美容鍼をやってみよう」(参加者の方には鍼のないタイプで体験していただきました)
・柔整実技「足関節の固定(デモンストレーション)」
・学校説明
・個別相談

赤門鍼灸柔整専門学校のオープンキャンパスの詳細については下記をご確認ください。

オープンキャンパスについて詳細はこちら

第29回 スポーツ外傷<赤門教員コラムリレー>

赤門コラム

スポーツ外傷とは、転倒・衝突などの外力により組織が損傷されることで「ケガ」に当たります。

外力としては、競技中の衝突による打撲のような「直接的な外力」、ジャンプの着地時に足をひねる捻挫のような「間接的な外力」があります。

また、相手競技者との接触による接触性外傷と、相手と関係なくターンや着地などによりひねるなどの非接触性外傷があります。接触性外力としてはラグビーなどにおける衝突での頸の捻挫、肋骨の骨折などのような損傷、非接触性外傷としてはバスケットボールでのストップ・急なターンにより膝をひねっての十字靱帯損傷、ダッシュなどで踏み出した際のアキレス腱断裂や肉離れなどのようにみられます。

スポーツ競技により、損傷の部位、損傷の程度などそれぞれに違いがみられます。また、成長時期の外傷、高齢者にみられる外傷、男女による外傷などにおいてもそれぞれに特徴があります。

柔道整復師として皮下損傷における骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉ばなれなど)の治療、リハビリテーション、予防の指導など、一人一人に応じたメニューを施していきます。

(専任教員) 太田作郎

7/1(水)より、AO入試エントリー開始しました!

令和2年7月1日(水)より、AO入試エントリー受付を開始しました。
今年は新型コロナウイルス感染症による影響で、まだオープンキャンパスに参加していない方が多いのではないかと思います。
赤門鍼灸柔整専門学校では、オープンキャンパスまたは学校説明会等に参加してから進路選択をしていただきたいと考えています。

エントリー期間など、AO入試の詳しい情報はこちらをご覧ください。
鍼灸指圧科

柔道整復医療科

オープンキャンパス・学校説明会の詳しい情報はこちらをご覧ください。
オープンキャンパス・学校説明会について

第28回 コロナのマスクストレス、アロマで快適に<赤門教員コラムリレー>

大分気温が高い日も増えてきました。新型コロナウイルス対策として、マスクを長時間つけるのは汗もかくし、苦しいなど「ストレス」になっているのではないでしょうか?
マスクが大切だとはわかっていてもどこか抵抗がある・・・

東洋医学ではこの「ストレス」をためること、不規則な生活は「気滞」の原因になるといわれています。
この「気滞」の改善法の一つとして・・・「香りを取り入れる」。

是非お勧めなのが、エッセンシャルオイル(精油)の香りでマスクを快適にする方法です。
今回はマスクにシュッとできる「アロマスプレー」の作り方を紹介します。
ウイルス・風邪予防には下記①、②のエッセンシャルオイル(精油)を選び、その他好きな香りを選びましょう。
香りの効果で気分もさわやかになります。精油の成分を吸入することが同時にできるので、精油の薬理効果を取り入れて予防をすることにもつながります。是非活用してみてください。

※精油には、雑貨扱いのもの、香りを楽しむだけのもの、メディカルグレードなど様々があるので品質には気をつけて作りましょう。

赤門コラム

①抗ウイルス対策作用のある精油
ティートリー・ユーカリ・ラベンダー・ライムなど
②殺菌作用のある精油
ティートリー・ユーカリ・ラベンダー・レモン・レモングラス・グレープフルーツ・タイムなど
③イライラ・緊張しやすい
ペパーミント・ラベンダー・オレンジ・ベルガモットなど
④集中力・記憶力の低下
ローズマリー・ラベンダーなど

ガネーシャ鍼灸院 院長
赤門鍼灸柔整専門学校 専任教員
川嶋睦子

第27回 脳梗塞の後遺症<赤門教員コラムリレー>

脳梗塞の後遺症

脳梗塞の後遺症の代表的なものは片麻痺でしょう。右か左の体の半分が自分の意思で動かす事が出来なくなります。目立つのは腕と脚の動きの不自由さですが、お尻や首・背中・腰の体の半分も筋肉の自由が利かなくなります。動かなくなるのは、体の半分ですが、悪くなったのは、脳細胞ですね。ですから、回復を目指すなら脳への治療アプローチが必要となります。

医学で分かっているのは、脳には可塑性という機能があって、使えなくなった部分の脳細胞の作用をシステム的に迂回させて機能は回復出来る場合もあると言うことです。また、動きの訓練だけをするよりも、同時に複数の刺激を与えると回復に効果が高くなると言う事が、鹿児島大学の川平先生が提唱され、高い効果を発揮しています。他に、動かない方ではなくて動く方の腕を固定してリハビリすると脳システムで麻痺した腕を動くようにしなければと言う判断をするようで、回復に効果的である事も解っています。

さて、鍼灸治療ではどうでしょう。私の研究結果として、鍼灸治療は、脳システムで作用する事が分かっています。学会で発表した事ですが、片麻痺の患者さんの動く方に鍼を刺したまま、麻痺した腕を動かすイメージをしてもらうだけでも、機能回復への効果は高くなる事も分かっています。

東洋医学・鍼灸治療では、数千年昔から巨刺(こし)と言う悪くなっていない方の体に刺す方法があります。

私自身は、病院勤務していた時期に、片麻痺を起こした多数の患者さんの鍼治療を受け持っていました。その中で実感したのは治療・リハビリを受けるだけの場合より自分で「動きたい!」としっかり思って、脳活動を活発にした方が回復へ向かう事が多かったと記憶しています。また、治療に当たるときは、その心を持って貰えるよう接する事が必要でした。人の動きは全て脳からの出力情報でコントロールされています。鍼灸治療は脳で効果を出しています。

適切な鍼灸治療は、脳の可塑性を活発にして、麻痺の回復への近道となり得ます。
刺すだけでは無い鍼灸治療を是非受けてみてください。

<専任教員:吉本豊>
吉本豊先生YouTubeはこちらから
QRコード
https://www.youtube.com/channel/UCq6pZIYEiTHEjV2Qxr8IFdQ

新型コロナウイルスのゲノム情報について(仙台赤門短期大学 学長 佐竹正延先生)

加齢研ニュース(東北大学加齢医学研究所研究会同窓会会報)第73号に、系列校の仙台赤門短期大学 学長 佐竹正延先生の「新型コロナウイルスのゲノム情報について」が掲載されました。

専門的な内容も多くありますが、ご一読ください。

新型コロナウイルスのゲノム情報について(PDF)

6月1日(月)~授業再開について

学生の皆様へ

拝啓 初夏の候 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素は当校の運営につきまして、ご配慮を賜り心から感謝申し上げます。
さて、6月1日より先生方及び学生、関係者の皆様の安全を配慮し、感染防止の対策を講じながら授業を再開いたします。
何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

赤門鍼灸柔整専門学校 校長 坂本 正憲

授業再開について(PDF)

赤門を知ろう

  • 資料請求をする!
  • オープンキャンパスに行く!
  • 学校説明会に参加する!

おすすめコンテンツ

赤門鍼灸柔整専門学校

〒980-0845
仙台市青葉区荒巻青葉33-1
TEL 022-222-8349
office@akamon.ac.jp

学校法人 赤門宏志学院

〒980-0845
宮城県仙台市青葉区荒巻青葉33-1
TEL 022-224-1877
info@sendai-akamon.ac.jp
採用情報

COPYRIGHT © 赤門鍼灸柔整専門学校 ALL RIGHTS RESERVED. Website plan Produced by One-clue