お知らせ

平成26年度教育実習③(髙橋はるか)

国分町校舎にて教育実習が行われました。

担当:東洋療法教育専攻科2年生 髙橋はるか
聴講生:鍼灸科第一部3年生
科目:臨床実習

テーマ:「みる、さわる、かんがえる」
中心課題 「腰の触診」
※今回のテーマの中でも特に解剖学的に腰部の骨・筋肉の触診する事に重点をおく。

平成26年度教育実習③(髙橋はるか)1

主要課題
①みる(望診・視診)
・姿勢…前面・後面・側面(軸・頭・肩・腸骨・膝・脚の開き・傾き)
・歩行…前面・後面・側面(軸・頭・肩・腸骨・膝・脚の開き・傾き・リズム・ひきずり)
・背部~腰部…筋・骨(偏り・隆起・陥凹)、皮膚感(色味・キメ)
・検査法Ⅰ(自動動作)・・・回旋
・検査法Ⅱ(他動動作)・・・SLR・ニュートン

平成26年度教育実習③(髙橋はるか)2

②さわる(触診)
・全体・・・脊柱(前彎・後彎・側彎)、仙骨、腸骨、肩甲骨(棘・下角)
・局所・・・筋肉(多裂筋・最長筋・腰腸肋筋・腰方形筋・大殿筋・中殿筋)
・・・棘突起・椎間

平成26年度教育実習③(髙橋はるか)3

平成26年度教育実習③(髙橋はるか)4

③かんがえる
・原因~診断・・・どんなことを問診で精査するか、生活状態
・刺鍼部位の選択・・・局所(筋肉)・局所(経穴)
  ・遠隔・反応点・経絡・特定の経穴など
・アドバイス・・・姿勢、生活、セルフコントロール、サポート

平成26年度教育実習③(髙橋はるか)5

平成26年度教育実習③(髙橋はるか)6

平成26年度教育実習②(先崎貴洋)

青葉山校舎にて教育実習が行われました。
担当:東洋療法教育専攻科2年生 先崎貴洋
聴講生:鍼灸指圧科1年生
科目:生理学Ⅱ

平成26年度教育実習②(先崎貴洋)

範囲:成長と老化「老化の特徴(普遍性、進行性、内在性、有害性)とアンチエイジング(予防方法)を考えてもらう」

①人体を老化させる要因となるものはどのようなものがあるのか
⇒酸化ストレス説(活性酸素)、酸素、栄養、温度、運動、ストレス
②老化を抑えるにはどの様な方法があるのか
⇒食事(タンパク質)、適度な運動、睡眠時間(ゴールデンタイム)
③なぜ年をとると骨粗しょう症になる確率が上がるのか
⇒骨の新陳代謝が低下、性ホルモン(エストロゲン)がカルシウムの排出を抑制できなくなるため。

平成26年度教育実習②(先崎貴洋)

平成26年度教育実習①(髙橋はるか)

青葉山校舎にて教育実習が行われました。
担当:東洋療法教育専攻科2年生 髙橋はるか
聴講生:鍼灸指圧科1年生
科目:生理学Ⅰ
範囲:循環(微小循環のはたらき)

平成26年度教育実習①(髙橋はるか)

A)冠循環
⇒冠循環のおおまかな走行。心拍出量の約5%を占める。心臓は多くの酸素・栄養を必要とする。
B)肝循環
⇒心拍出量の20%~30%の血液の供給。門脈からの流入。肝動脈は酸素・門脈は栄養。
C)脳循環
⇒心拍出量の約15%の血液供給。タイトジャクションの選択的透過性。血液脳関門。
D)リンパ系のはたらき
⇒リンパ管の走行。リンパの機能。リンパ管の特徴(構造・輸送方法)。リンパ節の働き。

平成26年度教育実習①(髙橋はるか)

赤門を知ろう

  • 資料請求をする!
  • オープンキャンパスに行く!
  • 学校説明会に参加する!

おすすめコンテンツ

赤門鍼灸柔整専門学校

〒980-0845
仙台市青葉区荒巻青葉33-1
TEL 022-222-8349
office@akamon.ac.jp

学校法人 赤門宏志学院

〒980-0845
宮城県仙台市青葉区荒巻青葉33-1
TEL 022-224-1877
info@sendai-akamon.ac.jp
採用情報

COPYRIGHT © 赤門鍼灸柔整専門学校 ALL RIGHTS RESERVED. Website plan Produced by One-clue