2019年5月12日に開催された仙台国際ハーフマラソン大会のなかで、宮城県鍼灸師会主催の「はり・きゅう救護テント」に臨床実習として参加させて頂きました!!!

今年はスタート前後でトータル70名もの選手に対して鍼灸治療など施術しました。

学生は総勢12名(鍼灸指圧科2年生9名、鍼灸指圧科3年生1名、臨床教育専攻科1年生2名)が参加しました。

鍼灸指圧科の学生は、見学と施術の補助。
臨書教育専攻科の学生は、実際に鍼治療を行いました!

学生は、ベテランの先生方の治療を改めて見学し感銘を受け、治療に当たった学生は本当に「大変だったけど、楽しかった!!」と、参加した学生は皆さん「来年度もぜひ参加したい!!」と意気込んでいる様子でした。

宮城県鍼灸師会の皆さん、教員・学生共々大変お世話になり、ありがとうございます。
また、次年度のご協力もお願い申し上げます。

仙台国際ハーフマラソン

仙台国際ハーフマラソン