2019年6月16日 東北大学大学院医学系研究科・医学部 星陵キャンパス 臨床講義棟2階大講堂にて開催されました。 赤門の学生は日頃の取組みを発表し、教員はシンポジウムや運営をお手伝いさせていただきました。

全日本鍼灸学会東北支部学術集会

赤門教員学生の発表者と発表内容は以下の通りです。

【大会テーマ】
『老いも若きも活き活きと』

【シンポジウム】
・演題「相互理解の為の漢方と鍼灸それぞれの視点 -認知症-」
・シンポジスト
 東北大学病院 加齢・老年病科
   講師 冨田尚希
 東北大学病院 総合地域医療教育支援部・漢方内科
   特任教授  高山真
 赤門鍼灸柔整専門学校 臨床教育専攻科
   専任教員  浦山久嗣

【学生発表】
・演題「各メーカーで比較したごう鍼の鍼先の形状と使用後の摩耗状態について」
・赤門鍼灸柔整専門学校 臨床教育専攻科1年
   石川一男、杉浦智子、熊谷昌幸、鈴木亮太

・演題「天の五音あり、人に五臓あり~五音の東洋医学的診断の意味をさぐる~」
・赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸指圧科3年
   曳野哲也、榮嘉和、長谷奉宏、板垣匡、畑中政傳

学術集会の抄録はこちら

特に鍼灸指圧科3年曳野哲也さんが発表した「天の五音あり、人に五臓あり~五音の東洋医学的診断の意味をさぐる~」は、大学教員らからとても良いという評価をいただきました。

これから赤門教職員を中心とした「日本伝統医療看護連携学会」を設立し、2019年12月18日(水)に記念大会を開催します。
詳しい内容が決まり次第お知らせいたします!

全日本鍼灸学会東北支部学術集会