お知らせ

第7回『はりきゅう師になるためには?』<赤門教職員コラムリレー>

マッサージ効果【はりきゅう師になるためには?】

赤門鍼灸柔整専門学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
今回のコラムは『どうしたらはりきゅう師になれるか?』についてお話させていただきます。

①まずは鍼灸学校に入学します。
     ↓
②鍼灸学校で3年間にわたり座学と実技の授業を受けます。もちろん、定期試験もあります。
     ↓
③鍼灸学校を卒業した方、卒業見込の方は厚生労働省のから委託を受けた東洋療法研修試験財団が行うはり師・きゅう国家試験に申し込むことができます。
     ↓
④はり師・きゅう師国家試験を受験します。
(はり師・きゅう師国家試験は年に1回です。)
(はり師・きゅう師はそれぞれ単独の国家資格となります。)
     ↓
⑤見事、合格された方は、東洋療法研修試験財団にはり師・きゅう師の免許申請を行います。(残念ながら不合格だった方は来年に再チャレンジができます。)
     ↓
⑥はり師・きゅう師として登録された方には「はり師免許証明書」「きゅう師免許証明書」が発行され、はりきゅう施術を行うことができます。

 気になるはり師・きゅう師の国家試験合格率ですが全国平均で約75%程度です。過去に行われたはり師・きゅう師の国家試験問題は東洋療法研修試験財団のホームページでご覧になれます。ぜひ、ご覧ください。

 最後に、私が思うはり師・きゅう師になるために必要なものとして「志(こころざし)」を挙げさせて頂きたいと思います。「どんなはり師・きゅう師になりたいのか?」「はり師・きゅう師になって何をしたいか?」をしっかりとご自分のお心の中に持っていれば、勉強も実技練習も頑張れると思います。

(学科副主任 伊東太郎)

第6回『マッサージ効果【リンパって何?】』<赤門教職員コラムリレー>



手でさすったり揉んだりする施術を全て「マッサージ」と呼ぶそうですが、正式には「直接皮膚に触れて、クリームやオイル等の滑剤(すべりを良くするもの)を使って求心性(末端から心臓に向けて)に行う手技施術」という定義があります。効果としては血液やリンパの流れに働きかけて循環を促進し、老廃物の除去や新陳代謝を活性化する等が挙げられます。

「リンパ」とは全身を巡るリンパ管とその中を流れるリンパ液の事を指しています。リンパ液は体内の老廃物や余分な体液、異物等を引き受けて処理している体液の事です。そのためリンパ液の流れが滞るとむくむだけではなく、免疫力の低下にも関わってきます。このことから、マッサージによって免疫力アップも期待できるのです。

巷には数多くのマッサージ店がありますが、多くは民間の資格によるもので、あん摩マッサージ指圧師の国家資格をもって施術をしているところは少ないです。本来はあん摩マッサージ指圧師の国家資格を持っていなければ、手技による施術をしてはいけないことになっています。
国家資格であるあん摩マッサージ指圧師は3年間で西洋医学と東洋医学の両方を学び、手技療法も幅広い種類のものを学びます。

効果的で安全なマッサージを受けたい方は、施術者が有資格者であるかも気を付けて受けていただきたいと思います。

(専任教員)三保翔平

赤門を知ろう

  • 資料請求をする!
  • オープンキャンパスに行く!
  • 学校説明会に参加する!

おすすめコンテンツ

赤門鍼灸柔整専門学校

〒980-0845
仙台市青葉区荒巻青葉33-1
TEL 022-222-8349

学校法人 赤門宏志学院

〒980-0845
宮城県仙台市青葉区荒巻青葉33-1
TEL 022-224-1877

採用情報

COPYRIGHT © 赤門鍼灸柔整専門学校 ALL RIGHTS RESERVED. Website plan Produced by One-clue