学校案内

先生紹介

佐々木 里香 先生

佐々木 里香 先生

鍼灸指圧科 専任教員
担当科目:解剖学、東洋医学応用概論など

東洋医学の奥深さ、そして素晴らしさを伝えられるように。

「東洋医学は人を、西洋医学は病気を診る」と言われますが、鍼灸にも一人一人の体質や体型によって最善の対処があります。そうした東洋医学の素晴らしさ、奥深さを若い世代に伝えていければと思います。私も教員とはいえ、生涯勉強が必要。この世界にはまだまだ学ぶ事が無数に存在していますので、向学心旺盛な学生から多くの刺激をもらい、共に成長の道を歩みたいと考えています。

亀井 啓 先生

亀井 啓 先生

柔道整復科 専任教員
担当科目:柔整応用理論・柔整臨床実技など

失敗を恐れず、視野を広くしながら実行力と応用力を。

仕事で諸外国を訪れるたびに、「今の日本の若者には強い精神力、我慢強さや失敗から立ち上がる姿勢が不足している」と感じます。そこで、学生の皆さんには、赤門での3年間を理論や実技を身につけるだけでなく、人間形成の核となる時間にしていただきたいのです。医療従事者に失敗は許されません。許されるのは学生の特権です。分からないことはどんどん尋ねてください。人の指示で動くのではなく、自らの意思で行動できる実行力と応用力を持った人材が、これからの社会に求められるのだと思います。

宍戸 新一郎 先生

宍戸 新一郎 先生

鍼灸科 専任教員
担当科目:東洋医学臨床論・東洋医学各論など

鍼灸師にとって勉強は生涯必要。疑問は必ず解消を!

鍼灸の世界は科学的にも分析がすすみ、現代医学的に認められる分野になってきました。しかし鍼灸は伝統医学であり、今でも根本は変わりません。知識は机上で学ぶ事ができますが、基本は技術。それは言葉だけではなかなか理解できるものではなく、すべては経験であり感覚。そう考えると鍼灸師という職業は一生勉強が必要です。赤門には経験豊富な講師陣が揃っていますので、教科書からは学べない体験談も聞きながら、有効な時間を過ごして下さい。

金田一 孝二 先生

金田一 孝二 先生

東洋療法教育専攻科 専任教員 医学博士 副校長

切り口を変え改めて見つめ直す、それが東洋医学の世界。

東洋医療と西洋医療はもっと接点を持って良いのではないかと思います。人体を知り、その裏側にあるものまでを知るため、私の授業では関係各位の協力を得て肉眼解剖の現場に学生を立ち会わせ、見学させる機会を多く設けています。いわゆるツボといわれる部分がどこにあるか、どういう神経があるか、自身でしっかりと理解していただきたいのです。当学科への入学生は臨床経験があり、目的意識もしっかりしているのですが、からだの内部を見ることで初めて理解することもあります。そうした意味からも改めて深く学び、トレーニングできるのが東洋療法教育専攻科であり、違う切り口から東洋医学というものを見つめ直せる環境が整っていると感じます。

赤門を知ろう

  • 資料請求をする!
  • オープンキャンパスに行く!
  • 学校説明会に参加する!

おすすめコンテンツ

赤門鍼灸柔整専門学校

〒980-0845 仙台市青葉区荒巻青葉33-1
TEL 022-222-8349

COPYRIGHT © 赤門鍼灸柔整専門学校 ALL RIGHTS RESERVED. Website plan Produced by One-clue